千代田区 夜勤専従看護師

身近に頼れる身内がいない場合は、子供が小さいうちは復職は諦めた方が良いの?

看護師の仕事は、他の職種に比べるととてもハードですから、子育てと両立させるのは簡単ではありません。
残業が多くて夜勤もある仕事をしている場合は、家族の協力なしにはこなす事はできません。
たとえ家族の協力があったとしても、家事と育児、それに仕事の全てをこなす為には、
相当の体力と精神力が必要です。
子供というのは、すぐに体調を崩してしまいます。
さっきまで元気だったのに、急に熱を出したり、突発性発疹、水疱瘡、おたふく風邪など、
いろいろな感染症や病気にかかってしまいます。
その度に仕事を休まなくては行けませんから、周りのスタッフにも迷惑をかけてしまいます。(=Q=G

 

子供が小さいうちは、身近に頼れる家族がいるととても助かりますが、そのような環境の方ばかりではありません。
ですから、子育てに理解のある職場を探す事や、利用できるサービスを使う事で、仕事を続ける事が可能です。
例えば、院内保育園が設置されている職場であれば、同じ敷地内に保育園があるので、
安心して仕事に専念する事ができます。
24時間の院内保育園であれば、夜勤をする事も可能です。
院内保育園が設置されているような職場は、子育てに理解があるので、ママさんナースも沢山働いている傾向にあります。
子供の都合による急な欠勤にも理解して貰う事ができますし、休みも取りやすい環境です。
それに、市町村が運営しているファミリーサポートシステムもとても便利です。
登録費用が無料で、利用する事で料金が発生するシステムで、格安に利用する事ができます。
それに、市町村が行なっているサービスですから安心です。^0^

 

子供が小さいうちも、そのような職場選びをすれば、復職する事は十分に可能です。d(^=O)