千代田区 夜勤専従看護師

24時間休む暇もない介護者たち。短期入所やテスパイト入院など施設側も努力してくれていますね。でも、まだまだ行き届かない方が沢山いますね。

高齢化社会に伴い、家庭で介護をしている家庭も増えていますね。

 

しかし、家庭で介護をするのは介護者の負担が大きいですよね(・_・;

 

寝たきりの方であれば、オムツ交換や体位交換、食事の介助など一日中介護が必要になります。

 

病状によっては、痰の吸引が必要だったり、認知症で夜間徘徊したり、叫んだり…介護者は夜も眠れない事がよくあります。

 

歩ける方で認知症が酷いと、家から出て行って買えられなくなったり、異食の危険があったり日中も目が離せません(;´Д`A

 

介護者は、24時間休む暇もありませんね。

 

主婦であり、母親である介護者など、ただでも大変なのに、介護も…となると体調を崩しかねません。

 

また、介護者が冠婚葬祭や子供の部活などで家を空けなくてはならない事があると、介護する人がおらず困ってしまうこともありますよね。

 

そんな時にショートステイを利用したりテスパイト入院が出来ると非常にありがたいですよね(^o^)

 

ショートステイは、体調の安定している方が対象です。

 

施設の場合、人工呼吸器を使用している方や、気管切開をしている方、経管静脈栄養の方など、医療面の濃い方は利用出来ないこともあります。

 

施設によっては、ナースが夜間いないため対応出来ないこともあるからです。

 

テスパイト入院は、そういった方々を一週間程度入院させてくれるものです(-_^)

 

施設利用が出来ない方にとっては、非常に助かりますよね。

 

ショートステイやテスパイト入院は、介護者の介護負担軽減のために利用できるものです。

 

本来、施設入所を希望しているけれども、なかなか待機期間が長く入所出来ないでいる方が沢山います>_<

 

そういった方々のために、ショートステイやテスパイト入院で一時しのぎは出来ますが、介護者の負担軽減も一時的です。

 

出来ることならば、しっかり入所できる施設が必要です。

 

新規の施設も次々と出来ていますが、高齢者は日々増えています。

 

施設入所を希望しても入所出来ない方々が沢山いますが、ショートステイやテスパイト入院など、施設も出来る限りの努力をしています。

 

それでも、まだまだ行き届かず、老老介護の悲しい結末など悲しいニュースもなくなりませんね( ;´Д`)